セロトニンに副作用の心配はあるの?頭痛の原因は?

不眠症の改善やリラックス効果、精神のバランスを安定させる効果のあるセロトニンですが、頭痛などの副作用が起こらないのか心配に感じる方もいると思います。

脳の神経伝達物質で、不足してしまうと体内時計のバランスが崩れて、寝つきが悪い・ぐっすリ眠れないなどの不眠症状を起こします。

またストレスを抑制する作用もあり、不安感やイライラ感など精神的なトラブルを解消する効果も期待出来るようです。
気になる副作用ですが、セロトニンの量が増えたからといって頭痛が起こるという事はありません。

むしろ予防する効果があるのです。
中でもこめかみ部分がズキンズキンと、脈を打つように痛む片頭痛の予防に効果的です。
この症状はストレスなどを感じ脳の血管が炎症したり、血管が拡張する事で起こります。
セロトニンは抗炎症作用があるので、炎症による痛みを抑制します。

また不足すると自律神経が乱れてしまい、血管の収縮と拡大する差が大きくなる事から、強い痛みを引き起こすようです。

偏頭痛も血管拡張によって痛みが出るのでセロトニン量を増やし、自律神経を整える事が痛みの予防に繋がります。

頭痛が起こるという心配はありませんが、過剰になる事で副作用を起こす危険性はゼロではありません。

過剰に作られると、めまいなどの副作用が起こる心配があります。

セロトニン 副作用 頭痛