トリプトファンの成分の働きって?過剰摂取すると体に悪影響はあるの?

最近話題の成分であるトリプトファンですが、その体内での働きや過剰摂取するとどうなってしまうのかご存知ですか。

まず、トリプトファンは体内では生成することができない必須アミノ酸の一つです。そしてこれを摂取することにより体内でのセロトニン分泌を促す働きがあります。

セロトニンとは別名「幸せホルモン」とも言われ、快眠を促したり、感情をコントロールして落ち着かせたりと様々な働きがあります。また、整腸作用もあるので、便秘改善にも効果的な成分です。

そのため、睡眠障害で悩んでいる方や情緒不安定で悩んでいる方は積極的に摂取しようとしますが、どんな成分も過剰摂取をするのは良くありません。トリプトファンの場合は過剰摂取してしまうと、肝硬変や肝機能障害を引き起こしてしまう可能性があります。

そのため、睡眠や情緒不安定を食事やサプリメントなどで服用するのは良いのですが、だからと言って摂りすぎは良くありません。必要量をきちんと守って摂るようにすることをおすすめします。

また、食事から摂る際はトリプトファンはタンパク質に多く含まれているのですが、炭水化物と一緒に食べることで脳内でのセロトニン分泌を促すことができます。そのためバランス良く食べることが必要です。

トリプトファン 成分 働き