トリプトファンの副作用で頭痛や肝機能の低下の原因にもなる?

トリプトファンを摂取した事で、頭痛や肝臓の機能低下を招くといった副作用を起こす危険性があるのでしょうか?

この栄養素は脳神経の伝達物質、セロトニンを作る原材料となります。
セロトニンの量が少なくなると、寝つきが悪くなったり精神的に不安定になる、なかなか疲れが取れないといった症状を引き起こすので、このような症状を感じたらセロトニンの生成量を増やす為、トリプトファンを意識して補う事がおすすめです。

また、この成分は頭痛を予防する効果があるとも言われています。
セロトニンはストレスを抑える働きもある物質です。
ストレスが溜まると脳内の活性酸素量が増加し、炎症が起きてしまうので頭痛を招いてしまうケースがあります。

トリプトファンを摂取しセロトニン量を増やす事で、ストレスが軽減され結果、頭痛を起こしにくくなるのです。
頭痛を引き起こすという副作用はありませんが、トリプトファンを過剰に摂取してしまうと肝臓の機能低下を引き起こす、副作用が起こる可能性もあります。

不眠解消など生活の質を高めたり、健康のために補うという場合は、1日に約500mgの摂取が必要と言われています。

サプリメントで補うという場合、過剰に摂取しやすいので肝臓の機能低下を起こしてしまうかもしれません。

トリプトファン 副作用 肝臓