睡眠サイクルの治し方|昼寝で睡眠サイクルは治るの?

睡眠のサイクルの治し方に昼寝を取り入れる場合は少し注意が必要です。昼間に何時間も昼寝していたら、夜に目が冴えて眠れなくなるのは当たり前なので、効果的な治し方とは言えませんよね。

睡眠サイクルの治し方で効果的なのは、まず朝起きたらすぐに陽の光を浴びることです。何故なら昼夜逆転の原因は生体リズムが遅れることにあるからです。そこで生体リズムに対して最も影響を与えるということが明らかになっている光を浴びることで、生体リズムを正常に戻します。

1番効果的なのは、起きたらすぐに少し散歩することです。外に出れば曇っていても室内よりは明るい光を浴びることができますよね。反対に寝る前の強い光は生体リズムを遅らせる作用があるので就寝前のパソコンやスマホは避けた方が良いでしょう。

でも、睡眠のリズムが完全に戻るまでは昼間は眠くなるはずです。そんな時は昼食後から15時ぐらいまでの時間で30分未満の昼寝をします。30分未満のこの時間帯の昼寝は、夜の睡眠に影響を与えることなく、昼間の眠気を解消してくれます。

そのままずっと眠ってしまうのが心配な方は目覚まし時計をセットして、30分以内に起きるようにしましょう。この方法を続ければ、大抵の場合1週間ほどで睡眠のサイクルを正常な状態に戻すことができるでしょう。

睡眠 サイクル 治し方