胎児の睡眠周期の特徴は?胎児と赤ちゃんの睡眠周期は変わるの?

お腹の中の胎児の睡眠周期は、個人差がありますが、最初は20分寝て20分起きるというものです。それが妊娠30週になると40分の睡眠周期になり、覚醒期を示すようになります。それが最大で70分程度の続けた眠りになることもあります。

更にお腹の胎児はノンレム睡眠を増加させることで、睡眠のサイクルがしっかりしてくるということになります。お腹か出る準備をし始めるということになります。胎児は起きている時には動いたりするので、それがお母さんに伝わり胎動を感じるのです。それは1時間に20分程度になります。

そして、生まれた赤ちゃんは新生児の時期は一日の平均睡眠時間が16~18時間です。生まれたばかりの赤ちゃんは、寝る、ミルクを飲む、おしっこやうんちをするといったシンプルなサイクルを繰り返していて昼夜の区別がついていません。

個人差がありますが、新生児の時期は2~3時間おきに目を覚まして泣くことで要求を出します。生活リズムが定まっていないので、あまり眠らない赤ちゃんもいます。

新生児期を過ぎて2,3ヶ月になると昼と夜の区別がつき始めてきて起きている時間が少しずつ伸びてきます。4,5ヶ月になると更に起きている時間が増えて夜にしっかりと眠るという周期ができてきます。

睡眠 周期 胎児