理想の睡眠サイクルってどんなもの?理想の睡眠の質って?

一日中活動していた心身をゆっくりと休めて癒し、翌日また活動的に行動するためには、質の良い眠りが不可欠です。そしてこの「眠りの質」を左右するのは、「90分周期」というサイクルです。

人は、眠っている間中ずっと、主に脳が休む深い眠りの「ノンレム睡眠」と、体が休んでいる浅い眠りの「レム睡眠」という2種類の眠りとを繰り返しています。どちらも私達の体を休めて癒し、修復する上で欠かせない大切なものです。

そしてこの2種類の眠りは、90分1サイクルで現れることで構成されています。ノンレム睡眠は4段階あり、その中の3段階目から4段階目が、最も心身を休める時間になります。

普通、眠りについてから約3時間後に、最も深い眠りが訪れて、心身の健康やアンチエイジングと大きく関わっている成長ホルモンの分泌も、最大になります。この最初の3時間にぐっすり眠っていることが、理想的な眠りです。

理想的な質の高い眠りを得るために、気温や騒音等、周囲の環境に気をつけましょう。また、脳がすでに活動している浅い眠りのサイクルの時に目覚めれば、爽快な目覚めも得ることができます。

つまり、最初の3時間プラス90分1サイクルの倍数時間で、最短で4時間半、6時間、7時間半の眠りが、理想の眠りのサイクルということになります。

睡眠 サイクル 理想