成長ホルモンの出方は普通の睡眠と昼寝では違うの?どちらの睡眠の方が効果的?

普通の睡眠と昼寝では成長ホルモンの出方に違いがあるのか、どちらの方が体に対して効果的なのかと言うことについては、以下の通りです。

まず結論から言うと、昼寝でも成長ホルモンは分泌されています。
ただこれには条件があります。このホルモンは、ただ眠っていれば出ると言うものではなく、その深さが関係しています。

そして人間が深い睡眠に入るためには、ある程度、まとまった時間、眠ることが必要です。夜間の場合は、比較的、まとまった時間、眠ることが一般的です。よって成長ホルモンの出形としては、こちらの方に軍配が上がると言えます。

一方の昼寝の場合、比較的、短時間で済むことが一般的です。ですから出方としては少量で、眠る時間の長さによっては出ないこともあります。出方の問題に限らず、昼寝が夜間の睡眠の質を低下させ、このホルモンの出を低下させると言うこともあるので、昼寝は短時間で済ませることが推奨されます。

次に効果の差についてです。これは十分な量が分泌されていればある程度の効果は期待できます。ただやはり、効果的なのは普通の睡眠、つまり夜、眠っている間に分泌される方だと言えます。

夜間には、体のあらゆる機能の修復や再生、成長が行われており、そこに成長ホルモンが上手に利用される仕組みになっているためです。

成長ホルモン 睡眠 昼寝