妊婦の成長ホルモンと睡眠の関係は?妊娠中と産後では成長ホルモンに違いはある?

成長ホルモンは大切なものであり、寝ている間に分泌されますので妊婦にとって睡眠はとても重要で、産後も同様です。妊婦の方は体内でホルモンバランスが急激に変わります。

それは胎児を体内で育てるために起きる変化です。成長ホルモンは胎児にとって大切なものであるため、スムーズに必要な量を分泌させるために眠くなる妊婦の方は多いです。しっかり睡眠をとって成長ホルモンの分泌を促しましょう。

妊娠の後期になってくると、お腹も大きくなりますし、眠たいけれど寝付きにくいという状態になってきます。妊娠中の睡眠は大切ですから、眠りにくいからといって睡眠不足になるのはよくありません。寝具や姿勢に工夫をしてなるべく眠りやすい状態を作ったり、昼寝を取り入れるなど、必要なだけ眠れるように努力するとよいです。

妊娠中だけでなく、産後も授乳がありますので、眠ることは大切です。しかし、産後は育児がありますので思うように眠れなくなります。

母乳を促すホルモンにも睡眠を促す作用があります。そのため授乳中に眠くなるという状態が起きます。そこで我慢する必要はありません。

なるべく眠ったほうがお母さんのためにも赤ちゃんのためにも良いですから、寝られるタイミングは活用しましょう。

成長ホルモン 睡眠 妊婦