成長ホルモンや睡眠と新生児や乳幼児との関係は?赤ちゃんと大人の成長ホルモンに違いはある?

新生児や乳幼児の睡眠と成長ホルモンの関係、そして赤ちゃんと大人の成長ホルモンの違いは以下の通りです。成長ホルモンとは、文字通り、人間の成長に大きな役割を果たしているホルモンです。これは睡眠中に分泌されます。

新生児や乳幼児でも同様で、この時期においては大人以上に、体が発育するためには欠かせないホルモンと言うことができます。よってもし、新生児や乳幼児の段階から睡眠不足であったり、夜更かし気味であったりすると、このホルモンの分泌量が低下して、成長に支障が出てくる恐れも懸念されます。

ただ新生児や乳幼児の場合は、成長ホルモンは大人よりも分泌されやすい関係にあると言われています。そのため、新生児や乳幼児においては昼寝をすることも成長には欠かせないことだと言うことができます。

それから赤ちゃんと大人の成長ホルモンに違いはあるのかと言うと、違いはありません。ただ働き方に違いがあると言え、赤ちゃんはどんどんと成長を遂げていくので、このホルモンもあらゆる部分に精力的に働きかけます。

一方、大人になり、ある程度、年齢も重ねて成長も衰えていくと、このホルモンは成長よりはダメージを受けた部位の修復や機能の再生などに機能を果たすと言われています。

成長ホルモン 睡眠 乳幼児