夢を見ていると睡眠が浅いの?深いの?金縛りってどうして起こるの?

ベッドに入り、就寝すると人はいきなり深い眠りに入るのではなく、浅い眠りから徐々に深くなっていくものです。浅い深いを何度か繰り返し、浅い眠りから起床するのが一般的な眠りです。

睡眠には一定のリズムがあり、浅い深いをワンサイクル90分ほどで、一晩で4~5回繰り返しています。浅い眠りは、レム睡眠ともいい、身体は休んでいるのですが脳が活動している状態です。

眠っている人のまぶたを見ると目がきょろきょろと動いていることがあります。それがこのレム睡眠の状態です。反対に、深い眠りはノンレム睡眠といい、身体は休んでおらず脳が休んでいる状態です。脳が休んでいるから目をきょろきょろさせる命令が働かないのです。

夢を見ているのはレム睡眠の時です。だから何かの拍子で夢の途中で起きてしまったり、楽しい夢の続きが見たいと思いながら寝ていると本当に夢の続きが見られたなどが起きます。

金縛りはこのレムとノンレムのリズムのバランスが崩れた時に起こります。レム、ノンレム、レムと繰り返す中、身体が深く休んでいてでも脳が起きてしまい、それが分かるため金縛りにあったと認識するのです。

真夜中に急に目が覚めて身体が動かないので焦ったり、怖くなったりしますが、落ち着いて腹式呼吸するなどして金縛りを解くことが出来ます。

睡眠 浅い 夢