高齢者の睡眠リズムが乱れやすい原因は?若者と老人の睡眠リズムに差はある?

若者と高齢者や老人の睡眠リズムには違いがあり、高齢になるほど早寝早起きになる傾向があります。若者は夜更かしをする人が多いため、遅く寝て遅く起きる睡眠リズムの人が多いです。

高齢者や老人が早寝早起きの睡眠リズムになる理由は、年をとると若者と違い早めに夕食をとる人が増えるため、生活のリズムが前倒しになることによるものです。

また、高齢者や老人は若者と違い、睡眠リズムが乱れやすくなります。その理由は、高齢になると中途覚醒が増えるため、睡眠中に何度も目覚めてしまうようになるからです。中途覚醒が増える理由は、年をとると過活動膀胱になることが多く、寝ている時でもトイレに行きたくなるためです。

人間には体内時計が備わっていますが、年をとると体内時計の周期がズレてしまい、24時間周期ではなくなってしまいます。そのため、早朝覚醒をすることが増えてしまい、朝までぐっすりと眠れなくなります。

日中になると眠くなるので昼寝をすることが増え、昼寝をするため夜はぐっすりと眠れなくなるという悪循環に陥ります。夜にぐっすりと眠れるようにするには、昼寝の時間をできるだけ短くして、夜の就寝時間を少し遅らせるようにすると、ぐっすりと眠れるようになります。

睡眠 リズム 高齢者