眠れない原因とストレスの関係は?生活リズムも重要?

疲れているのに眠れなかったり寝つきがすごく悪かったり夜中に何度も目がさめてしまったりと、眠れないなぁと悩んでいる人は多いと思います。
眠れない多くの原因はストレスが関係しています。

思い当たるストレスの元となる原因がわかっていてそれを日常生活の中で自分で取り除いたり出来ればいいのですが、実際に現代社会ではそう簡単にその原因を避けることはなかなか難しいのではないでしょうか。

ではどうすればいいのか?
何らかのストレスを感じているとき体の中では交感神経が優位になっています。
これでは眠りたくても眠れません。そこで生活リズムが重要なポイントです。

まずは毎日同じ時間に起きる、3食同じくらいの時間に摂るなどの生活リズムを意識的に作ることです。もちろん365日きっちり同じ!なんてことは出来ませんが。

そうやって生活リズムを作ってやることで体の中で交感神経と副交感神経のバランスが取りやすくなります。

さらにそのリズムの中にぬるめのお風呂にゆっくり入る、アロマなどを使ってリラックスする、ストレッチをする、好きな音楽を流すなどを取り入れて見ましょう。

副交感神経のスイッチが入りやすくなります。
副交感神経がうまく働いてくれれば眠れない!なんてことと、おさらば出来るのです。

眠れない 原因 ストレス

睡眠不足を解消するために、どんなサプリや睡眠薬、漢方薬を選べば良い?

睡眠不足を解消するためには、どのようなサプリを選べば良いでしょうか。

現代人はとても疲れ気味であると同時に、とても大きなストレスに毎日さらされている、と言われています。
こうした疲れや苛立ち、不安感が原因による睡眠不足であれば、「魚の良い成分が入ったDHAなどのサプリ」をお勧めします。

また、こうした魚の成分が入ったサプリというものは、疲れをとってくれるだけでなく、女性のPMSのお悩みにもとても効果的なサプリとなっています。

この他にも、疲れにはビタミンCがたっぷりと入ったサプリメントもお勧めです。

一方で、睡眠不足になってしまう原因が、実は「肥満気味」という方もおられるのですが、こうした方にお勧めの漢方薬は、「防風通聖散」というものになります。

こちらの漢方薬は、当然、漢方なので苦味がありますが、効果的に脂肪などを減らしてくれる漢方薬として有名です。

また、睡眠薬については、「ピーゼットシー」というお薬が睡眠薬としてお勧めできます。

こちらは精神科で処方してもらえるものですが、睡眠薬としての効果は、不安解消やイライラ感などを解消してくれるなど、色々な面でのメリットがあります。

また、強い恐怖感をお持ちの方にもお勧めのお薬です。

睡眠不足 解消 サプリ

妊婦や産後の育児中でも睡眠不足になりやすい?その解消法とは?

妊婦さんで睡眠不足に悩む方は多く、産後の育児中にもそのままだったらどうしようと解消法を知りたいと思うようです。

まず妊婦さんの睡眠不足の原因としては、ホルモンによる影響が大きいと言えます。
特に妊娠中期から後期になると、エストロゲンという睡眠を浅くさせる効果があるホルモンが分泌されるのです。

これはなぜかと言うと、産後すぐから当然ですが赤ちゃんのお世話という育児が始まります。

赤ちゃんは昼夜問わず泣いて様々な欲求を訴えるため、お母さんはゆっくり睡眠を取ることが難しくなります。
しかしエストロゲンが分泌されることによりあまり眠れていなくてもしっかりと赤ちゃんのお世話ができるということです。

解消法はありませんが、妊娠中から分泌されるのはその練習と捉えてください。
上記の理由から産後の育児中にも睡眠不足は続きますが、それほど身体に影響はないのであまり心配する必要はありません。

また妊婦さんの睡眠不足の原因には他にも頻尿やこむら返り、赤ちゃんが動き回ることによる刺激、出産が近付き不安になっているなどもあります。

解消法としては、無理のない程度の運動をしたり自分が落ち着けるリラックス法を実行したり、不安や心配なことを誰かに聞いてもらうなどがおすすめです。

睡眠不足 解消法 妊婦

睡眠不足が続くと吐き気や頭痛、肌荒れなどの症状が出やすい理由と解消方法は?

睡眠不足が続くと吐き気や頭痛などが出てしまう理由については、睡眠が身体にとって、また精神にとって必要不可欠なものであるからです。

人間の3大欲の一つでもあるため、睡眠というものは大変に大切なものであり、睡眠不足が続いてしまうと脳にしっかりとした酸素がいかなくなってしまいます。

ここから、脳に酸素不足が発生してしまいそこから吐き気や肌荒れ、または頭痛などの苦しみが出始めます。

まず、睡眠不足に陥ってしまうと「自律神経」の働きも極めて悪くなります。
これは、睡眠不足になってしまう原因が「何らかの不安などや恐怖心」などの場合には、睡眠をとろうとしても、しっかりと熟睡が出来ないために、眠っている状態でも、ほとんど脳が覚醒してしまっている状態になるためです。

このため、睡眠不足を解消するには、まずは「不安・恐怖心」などからくる睡眠の障害の場合には、「足裏や全身マッサージ」などがオススメです。
これには「自律神経を整えてくれる効果」があるため頭痛や肌荒れにも効果的ですし、精神科では積極的に勧められている解消法です。

また、マッサージなどをしてもらうと、人から人への手の温もりなどから、恐怖心なども解消することが出来るのです。
そして身体にはリラックスをさせてくれるツボなどがあるため、吐き気や肌荒れにも効果的です。

睡眠不足 解消 吐き気

睡眠不足の症状ってどんなものがあるの?睡眠不足の解消法とは?

睡眠不足の症状は複数あります。その中でも代表的なものをいくつかあげます。

まず、脳に疲労物質が溜まることで、十分な脳が活動することができなくなるため、記憶力、会話の内容が頭に入らないことや、仕事や勉強ができなくなる思考力低下、さらに、簡単なミスを繰り返すなどの集中力低下。

睡眠不足の症状として、感じることは、心身が十分に回復されないため、寝足りなさや日中の異常な疲れや、疲労物質が溜まっていることで、それを解消するために眠気を促すため、日中の異常な眠気。

睡眠不足により、睡眠によって精神の安定を促すため、それが足りなくなることで鬱病の可能性の増加や、睡眠には感情を安定させるための役割があるため、損なわれることでささいなことでもストレスを感じるようになるなどの症状があります。

他にも肌質の悪化や頭痛、吐き気やめまいといった症状も現れます。
睡眠不足の解消法としては、深い睡眠をとる必要があり、一番簡単な方法としては、症状が現れたらすぐに睡眠を改善するという方法が一番の解消法です。

ただ、寝ても解消されないという場合の解消法として、睡眠の質を上げる方法があります。

質を高めて深い眠りを得るためには、まず、リラックス状態を作ることと、就寝前に刺激を与えるPCやスマートフォンなどを遠ざけるなどがあります。

睡眠不足 解消法 症状

睡眠不足の解消に良いツボの場所って?昼寝やお風呂も睡眠不足解消になるの?

ツボ押しは睡眠不足の解消には、効果がありますが、どのような効果があるのか?というと、これにはまず「睡眠不足によるイライラした気持ちを抑えてくれる」という効果があります。

そのツボの部分ですが、睡眠不足で陥ってしまう身体の不調にはめまい、頭痛、肩こり、このようなものが挙げられます。

頭痛の場合には、頭のてっぺんを中心として、その部分を真ん中に見た場合、そこから両手で頭を押さえるように、強く押すとそこが頭痛に効果的なツボとなっています。

また、同時にこのツボには吐き気を抑える効果もあるため、しっかりと頭をタオルなどで包み、気持ちがいいと思った場所を刺激すると、肩こりの解消などにも効果が出てきます。

また、昼寝やお風呂が睡眠不足解消にどのような効果があるのか?ということですが、これについては、「神経が逆立っている時には、眠りが浅い状態になっている」このことを解消してくれる効果があります。

お風呂には、リラックスをさせてくれる効果があり、同時にお風呂にグレープフルーツの香りがする入浴剤などを入れると、とても自律神経が活発化し、気持ちよく「眠りたい」という気持ちになれるのです。

また、お昼寝については、夕方17時前までの15分程度の昼寝については、夜の睡眠の質を高めてくれる効果があるとされています。

睡眠不足 解消 ツボ

眠れない病気で悩んでいる時は病院の何科に行けば良い?病院の選び方は?

眠れないときは何科の病院を受診したらよいでしょうか。まず、眠れない原因には何かの病気が隠れていることがあります。身体に自覚症状があるでしょうか。何科を受診するか迷ったときに、もし、胃が痛くなるとか、腹痛がよく起きるという、内科的な症状があれば、心療内科を受診するのがよいです。

内科的な症状に対しても診てもらうことができます。眠れないこと以外に、病気のような症状が感じられない場合には、神経科や神経内科、精神科の病院を受診するとよいです。

内科では、一般的に副作用の少ない軽い睡眠導入剤を処方されることが多いですが、睡眠導入剤にも様々な種類があります。睡眠の状態や他の精神的な疾患も考慮して、薬を処方してもらえるのは神経科や精神科になります。

大きな精神科の病院は、重い病気の人に多く対応しているので、処方される薬が強すぎて合わないということがあるかもしれません。症状が不眠だけであれば、神経内科や心療内科の方が、症状に応じた薬を処方してもらえます。何科に行ったらよいか迷ったら、心療内科や神経内科を受診してみるのがよいでしょう。

睡眠は脳の一日の疲れを取って、翌日のエネルギーを補給する大切な働きをしています。翌日も元気に活動するためには良質な睡眠をとりたいものです。

眠れない 病気 病院

犬が眠れない時、病気の心配はある?何が原因なの?

犬が寝てくれないのは本来寝ているはずの時間帯で明かりがついていることで脳が活性化し寝ないということはあります。

その場合では犬が家の中に入ったときには、カーテンなどの意図的に暗く出来るようにしてあげることで睡眠を助けてあげることが大事で心配はないです。ただしそういった準備をしているのにもかかわらず、犬が眠れないときには病気が隠れている場合があるので注意が必要です。

眠れないときの病気の心配として考えられるものは、軽い症状で言えば人間で言えばアトピー皮膚炎に該当する細菌性膿皮症が考えられます。

細菌性膿皮症という病気は皮膚に細菌感染が広がる病気で、細菌を攻撃するために体の中の抗体が戦うので皮膚が攻撃に耐え切れずかゆみとして出てしまい眠れないことが起きるのです。

ただ細菌感染が広がるる細菌性膿皮症の場合、しっかりと医療機関を受診し軟膏をもらって対処すればいいのであまり心配は要らないです。

ただ眠れないという症状で犬の年齢が15歳以上経っている場合には注意が必要です。それは15歳以上ともなると人間で言えば70歳に相当するため、脳の衰えが引き金となり認知症を起こしている場合があります。

その場合は簡単には寝てくれないので、朝と夜にしっかりと運動をさせて脳を活性化させてあげることが大事です。

眠れない 病気 犬

悪夢やおねしょで子供が眠れないのって病気?子供特有の睡眠に関する病気は?

悪夢やおねしょが原因で子供が眠れない場合には、「悪夢障害」と「夜尿症」といった2つの病気が疑われます。

悪夢障害とは、怖い夢などを頻繁に見ることによって睡眠の質が低下したり、眠れなくなる病気です。怖い夢は大人でも見ることがありますが、子供の方がその割合は圧倒的に高いのです。その理由は、感受性の豊かさにあります。

特に小学生くらいの子供は、ストレスや恐怖心などを人一倍感じやすい傾向に。そのため、悪夢障害は子供に起こりやすい睡眠障害の一つでもあるのです。

次は、夜尿症についてです。夜尿症とは、6歳以上になっても長期的におねしょが続く病気のことです。小さい頃であれば心配する必要はほとんどありませんが、小学校入学後も続くようであれば少し気を付けたほうが良いでしょう。

「おねしょをしてしまわないか不安で眠れない」といった状態に陥ってしまう可能性も非常に高いので、周囲の大人はそれを優しく見守ってあげるような心のケアを。

また、子供特有の眠れない病気には「夢遊病」「睡眠時驚愕症」なども挙げられます。夜眠れないことは小さい子にとって大変なストレスとなる場合が多いですので、こうした体調の変化には大人がしっかりと気付いてあげることが大切です。

眠れない 病気 子供

眠れない病気の種類と病名とは?

眠れない病気の種類と病名は、主に6つあります。

1つめは、不眠症です。昔に比べ寝つきが悪くなったり、途中で目が覚めてしまう場合です。病名は不眠症になり、長く症状が続く場合は、専門医を受診したほうが良いでしょう。

2つめは、睡眠錯覚の種類の病気です。勤務時間が朝と夜交代の人や、生活リズムがバラバラな人は、睡眠錯覚が起きてしまい、眠れない病気になっている可能性もあります。

3つめは、睡眠障害が原因です。更年期の女性に多いと言われている、足がむずむずして眠れない人もいます。足や手が自然にぴくっと動いてしまい眠れなくなることもあります。

4つめは、精神疾患が原因で起こる不眠です。不安や、うつ症状のある人は、眠ろうとしてもなかなか寝付けいことも多いです。

5つめは、寝すぎによるものです。日中の昼寝など寝すぎが原因で睡眠のサイクルがくるってしまい、夜になっても眠くならないためです。

6つめは、睡眠中の呼吸障害の種類です。寝ている途中で息が止まってしまったり、いびきで起きてしまったりする人は、睡眠呼吸障害の病名がついている人も多いです。

眠れない病気には、さまざまな種類と病名が原因していることが多いので、早めに専門医を受診して、質の良い睡眠を得ることが大切です。

眠れない 病気 種類