睡眠サイクルの治し方|昼寝で睡眠サイクルは治るの?

睡眠のサイクルの治し方に昼寝を取り入れる場合は少し注意が必要です。昼間に何時間も昼寝していたら、夜に目が冴えて眠れなくなるのは当たり前なので、効果的な治し方とは言えませんよね。

睡眠サイクルの治し方で効果的なのは、まず朝起きたらすぐに陽の光を浴びることです。何故なら昼夜逆転の原因は生体リズムが遅れることにあるからです。そこで生体リズムに対して最も影響を与えるということが明らかになっている光を浴びることで、生体リズムを正常に戻します。

1番効果的なのは、起きたらすぐに少し散歩することです。外に出れば曇っていても室内よりは明るい光を浴びることができますよね。反対に寝る前の強い光は生体リズムを遅らせる作用があるので就寝前のパソコンやスマホは避けた方が良いでしょう。

でも、睡眠のリズムが完全に戻るまでは昼間は眠くなるはずです。そんな時は昼食後から15時ぐらいまでの時間で30分未満の昼寝をします。30分未満のこの時間帯の昼寝は、夜の睡眠に影響を与えることなく、昼間の眠気を解消してくれます。

そのままずっと眠ってしまうのが心配な方は目覚まし時計をセットして、30分以内に起きるようにしましょう。この方法を続ければ、大抵の場合1週間ほどで睡眠のサイクルを正常な状態に戻すことができるでしょう。

睡眠 サイクル 治し方

睡眠が浅い症状にはどんな種類があるの?病名は?チェック方法って?

人によって充分な睡眠時間には差があります。
短い時間で体力が回復する人もいれば、長時間寝てもすっきりしない、翌日の体調がすぐれないといったことはままあって、症状を見極めてきちんとした対処をとることが健康のヒケツです。

睡眠が浅い場合、どういった症状が現れるのか、またどういった病名が当てはまるのかチェックしていきましょう。

まず、ストレスによって浅い睡眠になってしまう病名があります。
自律神経失調症などがその典型で、日中のストレスが原因で不眠や発汗不全、不安定な動悸というような症状がある場合は、この病気を疑ったほうがいいでしょう。

自分でチェックする方法は、筋肉のコリや、運動をしたときの体調などを見て確かめるのが一般的です。

大げさな病名に驚くかもしれませんが、要するに神経が常に興奮状態にあって、眠りたくても体がいうことを聞いてくれないというのがこの病気の特徴です。

ストレスを感じていないのに眠りが浅いという方は、冷え性の可能性があります。
自分が冷え性で不眠に陥っているのかチェックするには、眠る前に手足を温めてみるといいでしょう。温めたら不眠が改善されたのであれば、それは冷え性が原因の不眠症ということです。

睡眠 浅い 症状

睡眠不足の改善に運動やヨガが効果的な理由は?おすすめの解消方法とは?

慢性的な睡眠不足は、思考力を低下させ、だるさや頭の重さを伴う倦怠感の原因ともなります。

こうなると日常生活にも支障を来しかねません。睡眠不足を解消するために、就寝時間を早めに改善しても、返って逆効果ということもありますよね。それは、脳と身体の疲れのバランスが崩れてしまっていることが原因なのです。

人間は脳と身体を休息させるために、睡眠を必要とします、しかし、すべてにおいて便利な現在社会では身体が疲れを感じる様な運動量を確保することが難しくなっています。

仕事や勉強、人間関係の悩みなどのストレスで脳だけが疲れを感じ、運動不足の身体はそれほど休息を必要としていないというアンバランスな状況が起こっているのです。この状況が寝付きが悪い、眠りが浅いなどの睡眠障害を引き起こします。

まず、脳と身体のバランスを改善させるためには、運動不足の状態を解消する必要があります。

様々ある運動の中でも、特に体内に呼吸を多く採りいれながら、瞑想をして脳を休める効果のあるヨガはお勧めです。

睡眠不足の人は絶えず脳が緊張した状態にあります。ヨガ独特の呼吸法は脳の緊張を静め、同時に身体には程よい疲れを促すもっともよい改善法と言えるでしょう。毎日、就寝前に10分程度、ヨガを行うことで、慢性的な睡眠不足を解消することが出来ます。

睡眠不足 解消 改善

睡眠リズムを改善する方法|睡眠リズムを正常に戻すおすすめ3つ

睡眠リズムを正常に戻すには、日々の生活に少しずつ改善方法を習慣として取り入れることが有効です。睡眠は人間にとって欠かせないとても大切なものです。

眠らずに生きて行ける人間はいないため、一旦そのリズムが乱れてしまうと正常な状態に戻すのはなかなか大変です。
しかし、毎日習慣として続けることで改善が期待できる方法はあります。

一つ目としては、朝起きたらまずカーテンを開け太陽の光を浴びましょう。
太陽の強い光で眠気がなくなり、体内時計が調整されます。

二つ目は毎朝同じ時間に起床するよう心掛けましょう。
始めのうちは難しいかもしれませんが、同じ生活リズムを続けることで体がそのリズムを覚えて朝起きるのが辛いという状況が改善されるはずです。
これは出来れば休日も同じように過ごすとより効果的です。

三つ目は朝食をきちんと食べるようにしましょう。
朝起きられずギリギリまで寝ていて朝食を食べないで学校や仕事へ向かう人も多いようですが、朝食は脳や体にとって重要なエネルギー源であり、しっかりと目を覚ますためにも必要です。

このように睡眠リズムを正常に戻すには、朝の行動が特にポイントとなっています。
生活習慣を改善することで良い睡眠に繋がるということです。

睡眠 リズム 改善

睡眠不足を食事で解消することはできる?おすすめの食べ物やレシピとは?

睡眠不足解消法は、適度な運動をしたり、アロマオイルの香りでリラックスしたりと色々ありますが、食事によっても改善することが出来ます。健全な睡眠も、まずは日々の健康あってこそです。食事に気を付けることは、そのための基本的なことでもあるのです。

まず、睡眠不足になる要因として、寝付きの悪さの問題、また、眠りが浅く、夜中に目が覚めてしまうという問題があるのではないでしょうか。そのような要因を改善するためには、寝る前の食事には特に気を付けるべきでしょう。

まず、あまり刺激のあるものを食べると寝付きが悪くなりますから避けるようにし、逆に眠気を誘う効果を持つ炭水化物が含まれる食べ物を取るようにしましょう。また、消化が悪いと夜中に気持ち悪くなる可能性もありますから、消化の良いカボチャやサツマイモのレシピを用意してみてください。

また、身体の疲れを取ることも睡眠不足解消法になりますから、疲れを取る効果のあるビタミンBを沢山含んでいる食べ物をレシピに加えてみると良いでしょう。

その代表的な食材はレバーですが、レバーはニンニクやニラなどと一緒に調理するとかなり刺激が強くなり眠れなくなる可能性も高いので、キャベツなどの刺激の少ない食べ物と組み合わせたレシピがお勧めです。色々な解消法とあわせ、試してみてくださいね。

睡眠不足 解消法 食事

睡眠時の呼吸が浅いと、睡眠も浅くなる?呼吸法と睡眠の関係は?

睡眠時の呼吸が浅いと、口呼吸をしている可能性があり、睡眠の質が悪くなってしまう可能性があります。
朝起きた時に、口の中がカラカラに乾燥していたり、眠りが浅いため疲れが取れていない感じがするのなら、口呼吸をしてしまっている可能性があります。

夜寝ている時にいびきをかいている人は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があったり、なる可能性があります。

呼吸は、本来は鼻でするものです。赤ちゃんは、口ではなく鼻でしています。
鼻呼吸は安全ですが、口呼吸は身体に深刻な影響を及ぼす可能性があります。
何故ダメなのかと言うと、鼻は空気中にある細菌やホコリが体内に入るのを防いでくれる働きがあります。

いわば、空気清浄機のような働きをしてくれます。
空気中にある菌やホコリの8割を、鼻がキャッチしてくれると言われています。
しかし、口呼吸の場合は、直接菌が体内に入って来てしまいます。
そうすると、風邪などの病気にかかりやすくなってしまいます。

また、鼻は加湿器のような働きがあり、吸い込んだ空気を加湿してくれることで、肺に酸素が取り込まれやすくなります。それによって、深い睡眠が実現するのです。

睡眠が浅いと、脳の疲れが取れずに起きた時も辛いのです。

睡眠 浅い 呼吸

睡眠が浅い時に効くサプリメントや漢方は?睡眠薬との違いとは?

夜寝ているようで睡眠が浅いような気がするとか、寝付けないという悩みを持っている人は多いです。

そんな悩みをもっていても、すぐに専門外来で治療をうけるということにはならないのがほとんどです。というのも寝られないといっても多くの方は、浅いと感じていても実は寝ていることのほうが多いからです。

ただ、睡眠が浅いとずっと頭で感じていると、本当にそのことばかり考えるようになって不眠になってしまうこともあるので、サプリや漢方を試してみるのも1つの方法です。漢方に関しては自己判断で飲むのは危険です。漢方治療を行っている医師の診察をうけて、睡眠障害に効果のある漢方を処方してもらうのがいいでしょう。

またサプリに関しては、ネットの情報などをみてみるのもいいでしょう。ネットをみると睡眠に効果が感じられるサプリがたくさんあります。

実際に使用している人のコメントなども載っているのでそれを参考にしていくといいでしょう。サプリや漢方のいいところというのは、依存症になりにくいということがあります。

睡眠薬は確実に効く一方で、副作用として依存症になっていくケースがあります。薬から離脱できなくなる人もいるので、服用には注意が必要です。

睡眠 浅い サプリ

乱れた睡眠サイクルを元に戻す改善方法とは?

乱れた睡眠サイクルを戻すために改善方法を探してみましょう。
人は、1日に7~8時間の睡眠が理想的と言われています。
睡眠がいかに大事だという事が分かっていても、眠れなかったり、寝ているはずなのに眠いなどの状態になる事もあります。

考え事や悩み事で眠れない時は、一度、紙に書き出して頭の中をスッキリさせましょう。
生活リズムを改善する方法では、午前中に太陽の光を浴びる事も効果的です。
数時間浴びるだけでも、正常なリズムに少しずつ体が戻そうとするので、続けているうちに1日のサイクルを正常に戻す事ができ、睡眠不足も改善する効果があります。

寝室を眠りやすい温度にする方法もあります。
寝室が冷えすぎても暑すぎても眠りを妨げてしまう原因になります。
寝る前のホットミルクは、脳のリラックス効果もあり、体も温めてくれますので、快眠へ導く働きにより、決まった時間に眠りやすくなれば、サイクルも徐々に戻す事が出来ると思います。

疲れが原因でなかなか寝付けない場合には、食事で改善してみましょう。
ビタミンB1は疲れを取る効果があります。
ビタミンB1が多く含まれる食物には、鶏ささ身やイクラ、卵黄、ナッツ類があります。

また、レタスには神経を落ち着かせる作用が多く含まれているので、芯ごとスープとして食べると良いかと思います。

睡眠 サイクル 改善

ストレスが原因で睡眠が浅くなってしまうこともある?それ以外の原因は?

ストレスが原因で睡眠が浅いのには、いくつか理由があります。
1つ目は、自律神経です。
自律神経には、休む神経と動く神経の2つがあり、ストレスをため込むと神経が正常に
働かず眠りが浅くなります。

2つ目は、レム睡眠です。
レム睡眠とは、脳は起きているけど身体は寝ている状態をさし、本来なら、レム睡眠とノンレム睡眠が交互に繰り返し眠りに入ります。
しかし、前者が長いため眠りが浅い状態が続きます。

ストレス以外にも、眠りを妨げる原因があります。
1つ目は、コーヒーです。
眠気覚ましの定番であり、カフェインの作用が長く続くため、当然、就寝前に飲めば眠りが浅くなってしまいます。

2つ目は、携帯です。
若者の必須品スマホは、夜更かしには最適です。しかし、眠れないとき、スマホをいじって寝ようとする人がいますが、これは逆効果で、かえって眠れなくなるだけです。
携帯機器から出るLEDが脳を活性化させ、視力低下の原因にもつながります。

眠る際は、眠ること以外考えないことがベストです。
変に努力をすれば、考え事が頭を駆け巡りいつまでたっても入眠にたどり着かないです。
人によって眠りが浅い原因が違うので、気になるようであれば、一度病院などで診てもらうと良いでしょう。

睡眠 浅い 原因

睡眠が浅いことで困っている時は病院の何科に行くの?睡眠薬の処方はしてもらえる?

睡眠が浅いことで困っている場合、何科を受診すればいいかは症状の種類や原因によって受診すべき病院が異なります。

かかりつけ医がいるのであれば、その医師に相談するといいですが、いない場合は睡眠外来という専門の科を用意しているところにかかるといいでしょう。
ただし睡眠専門の病院は少ないので、近くにない場合は内科・心療内科・婦人科などを受診しても診てもらえます。

内科は全身の不調と内臓の病気を扱っていますが、細かく科がわかれているので、全体的にまとめて診てくれる総合内科を受診するのがおすすめです。

他には心療内科は心の病気が原因で眠りが浅い場合に適しています。婦人科は更年期障害や月経のトラブルによって睡眠が浅いときに適しています。

何科に行けばいいのかわからないときには、かかりつけ医に相談するか、もしくは睡眠外来・内科・心療内科・婦人科を受診しましょう。
何科に行くかによって医師の専門性は変わりますが、病院であれば眠れるように薬を処方してもらえます。

ただし、心に問題があるような場合は、薬の処方だけではなく通院しながらカウンセリングなどを受ける必要が出てくることがあります。
薬を処方してもらえば、たいていの症状は落ち着きます。

睡眠 浅い 病院